歩んだ先に、
あった場所。

2003年、ドリクルは築地のマンションの
一室からスタートしました。
一つのクライアント様との
お付き合いをすることから十余年、
現在は銀座のオフィスを拠点に、
介護業界を中心とした
新しい事業も増えてきました。

一般社会と“介護”という言葉は、
私達の想像よりはるかに隔たりがあります。
その隔たりを埋めるべく、
常に今に対しての課題と、
未来への対策をコツコツと続けてきました。

ただ一つ、ぶれることのない想いは、

“新しいコトをやる。”ではなく、
“必要なコトをやる。”ということ。

ドリクルにしかできない創造。
その意識のもと、
ドリクルは常に変化と進化を続けてゆきます。